Go to Main Contents

welcome to gyeongsan慶山について

名山

八公山

慶山市の北に位置し、海抜1193mの高い山で、新羅時代にはジュンアク、ブアクと知られていた名山である。ここには冠峰石造如来坐像、 元曉寺(ウォンヒョサ)、千聖寺(チョンソンサ)、佛窟寺(ブルグルサ)など新羅古刹があり、多くの遺跡がある。

Mt. Palgong 4 Seasons - Spring, Summer, Autumn, Winter

環城山

海抜811mに八公山(パルゴンサン)と舞鶴山(ムハクサン)が繋がれた中央山麓であって、河陽(ハヤン)地域の名山として古くから山の形がお互いの輪を 引っ張っっている形状をしていて環城山と名づけられた。この山の下には、新羅の憲徳王(ヒョンドクワン)の王子である「心地王師」が創建した「環城寺」がある。

舞鶴山

海抜600mの河陽(ハヤン)邑の主山である。山から眺めてみると河陽(ハヤン)邑の市街地と琴湖江の銀色の水流を一目で見渡せる。

醮禮山(チョレ山)

海抜653mの舞鶴山(ムハクサン)、八公山(パルコンサン)をはめている河陽(ハヤン)邑の安山である。
この山は高麗の太祖王建(テジョワンゴン)と後百済の甄萱(キョンフォン)との激戦逸話が有名な河陽(ハヤン)地域のもう一つの名山である。

金泊山

慶山市の北東中央権を繋ぐ龍城(ヨンソン)、慈仁(ジャイン)、珍良(ジンリャン)地域に広がっている安山であって、山峻嶺の高さは平均海抜432mに達する。

九龍山

9匹の龍が昇天したという慶山市最東端の名山で、永川、清道(チョンド)と境界しており、主峰は海抜675mである。

盤龍山

龍が盤石になったと言われる龍城(ヨンソン)面のユクドンヨンジョン地域の主山であって、海抜651mである。この山麓には新羅の元暁大師(ウォンヒョデサ)が創建したというバンリョン寺(盤龍寺)がある。

龍山

海抜435mに龍城(ヨンソン)面の主山である。この山の頂上には、三韓時代に築造したと思われる龍山山城があり、ここには虹泉とフンドルバウィ(揺るぎ岩)がある。

大王山(デワン山)

海抜641mに南山(ナムサン)面の主山であり、この山の頂上には1つののろし台があり、山腹には新羅の寺址7ヶ所や日帝强占期の竹槍義擧の活動をしていたところがある。

三聖山

海抜554mに元暁聖師、薛聡先生、一然禅師が成し遂げた偉業の名山である。

賢聖山

海抜400mに元暁聖師と薛聡先生の誕生と修行の口伝の物語がある名山である。

仙義山

南川面の主山であって海抜756mである。天から来た天女が踊る形をしていることから名付けられた山であり、風水地理説により、ここの精気を受けると、8政丞が生まれるとの説話がある。

馬岩山

仙義山(ソンイサン)と大德山(デドクサン)が繋がる山で、まるで馬が天に昇るような形をした名山である。(標高501.7m)

動鶴山

南川面山田里アンゴルにある山で、まるで鶴が飛ぶような形をしているとして名づけられた山であり、山の下に經興寺(ギョンフン寺)がある。(海抜603m)

金城山

南川面九日里のアプ山で、壬辰倭乱の祭、義兵長のチェ・ウンダムが義兵活動をしていた山であって、頂上には石垣山城が残っている海抜428mの名山である。

栢紫山

慶山市の正南側に位置する海抜486mの山で、玄城山(ヒョンソンサン)の脈と繋がっている。

聖岩山

慶山の西側の主山であって、大徳山脈の支流であり、壬辰倭乱の祭、慶山郷校の五聖位牌を保護した山といって、ソンアムサン(聖岩山)と名づけられた。(海抜469m)

八公山

慶山市の北に位置し、海抜1193mの高い山で、新羅時代にはジュンアク、ブアクと知られていた名山である。ここには冠峰石造如来坐像、 元曉寺(ウォンヒョサ)、千聖寺(チョンソンサ)、佛窟寺(ブルグルサ)など新羅古刹があり、多くの遺跡がある。

Mt. Palgong 4 Seasons - Spring, Summer, Autumn, Winter

環城山

海抜811mに八公山(パルゴンサン)と舞鶴山(ムハクサン)が繋がれた中央山麓であって、河陽(ハヤン)地域の名山として古くから山の形がお互いの輪を 引っ張っっている形状をしていて環城山と名づけられた。この山の下には、新羅の憲徳王(ヒョンドクワン)の王子である「心地王師」が創建した「環城寺」がある。

舞鶴山

海抜600mの河陽(ハヤン)邑の主山である。山から眺めてみると河陽(ハヤン)邑の市街地と琴湖江の銀色の水流を一目で見渡せる。

醮禮山(チョレ山)

海抜653mの舞鶴山(ムハクサン)、八公山(パルコンサン)をはめている河陽(ハヤン)邑の安山である。
この山は高麗の太祖王建(テジョワンゴン)と後百済の甄萱(キョンフォン)との激戦逸話が有名な河陽(ハヤン)地域のもう一つの名山である。

金泊山

慶山市の北東中央権を繋ぐ龍城(ヨンソン)、慈仁(ジャイン)、珍良(ジンリャン)地域に広がっている安山であって、山峻嶺の高さは平均海抜432mに達する。

九龍山

9匹の龍が昇天したという慶山市最東端の名山で、永川、清道(チョンド)と境界しており、主峰は海抜675mである。

盤龍山

龍が盤石になったと言われる龍城(ヨンソン)面のユクドンヨンジョン地域の主山であって、海抜651mである。この山麓には新羅の元暁大師(ウォンヒョデサ)が創建したというバンリョン寺(盤龍寺)がある。

龍山

海抜435mに龍城(ヨンソン)面の主山である。この山の頂上には、三韓時代に築造したと思われる龍山山城があり、ここには虹泉とフンドルバウィ(揺るぎ岩)がある。

大王山(デワン山)

海抜641mに南山(ナムサン)面の主山であり、この山の頂上には1つののろし台があり、山腹には新羅の寺址7ヶ所や日帝强占期の竹槍義擧の活動をしていたところがある。

三聖山

海抜554mに元暁聖師、薛聡先生、一然禅師が成し遂げた偉業の名山である。

賢聖山

海抜400mに元暁聖師と薛聡先生の誕生と修行の口伝の物語がある名山である。

仙義山

南川面の主山であって海抜756mである。天から来た天女が踊る形をしていることから名付けられた山であり、風水地理説により、ここの精気を受けると、8政丞が生まれるとの説話がある。

馬岩山

仙義山(ソンイサン)と大德山(デドクサン)が繋がる山で、まるで馬が天に昇るような形をした名山である。(標高501.7m)

動鶴山

南川面山田里アンゴルにある山で、まるで鶴が飛ぶような形をしているとして名づけられた山であり、山の下に經興寺(ギョンフン寺)がある。(海抜603m)

金城山

南川面九日里のアプ山で、壬辰倭乱の祭、義兵長のチェ・ウンダムが義兵活動をしていた山であって、頂上には石垣山城が残っている海抜428mの名山である。

栢紫山

慶山市の正南側に位置する海抜486mの山で、玄城山(ヒョンソンサン)の脈と繋がっている。

聖岩山

慶山の西側の主山であって、大徳山脈の支流であり、壬辰倭乱の祭、慶山郷校の五聖位牌を保護した山といって、ソンアムサン(聖岩山)と名づけられた。(海抜469m)