文化観光

  • Home
  • 文化観光
  • 観光スポット
  • 慶山八公山カッパウィ
  • facebook
  • twitter
  • print

慶山八公山カッパウィ

カッパウィとは?

統一新羅時代の仏像で、海抜850mの険しい八公山冠峰に背景として岩壁にめぐらされた仏像。

義玄大師が亡くなった母のために造成したと伝えられるし、祈る人の一つの願いは必ず叶えてくれる仏様として知られて願い事をする人の足が絶えない。

紹介

  • 指定名称:慶山八公山冠峰石造如来坐像
  • 指定事項:宝物第431号
  • 指定日:1965.9.1.
  • 所在地:慶山市瓦村(ワチョン)面カッパウィ路81ギル176-64
  • 慶尚北道慶山市八公山の南側冠峰の頂上に背景のように岩壁にめぐらされた坐仏像。冠峰を「カッパウィ」とも呼ぶが、それは仏像の頭に、まるで「カッ(笠冠)」のような平たい石が置いていることから由来した。
  • 丸刈りの頭の上にサントゥ形の頭部(肉髻)がはっきりしている。顔は丸く弾力があるが、目尻が少しつり上がっており、温和な笑顔は消えて謹厳な表情である。耳は肩まで長くて、太く短い首には3つのしわが表す「三道」がある。多少上がった肩は広く堂々として丈夫だが、胸は平板のようだ。体の形は鈍重になったようだ。厚くて大きいが、精巧な両手は膝の上にのせ、右手の先は地面に向かっていて「ハンマーチョクジイン(降魔觸地印)」と似ているの形は、石窟庵の本尊仏と似ている。しかし、仏像の左手に小さな薬壺を持っていることで薬師如来仏を表したと見られる。
  • 丸刈りの頭の上にサントゥ形の頭部(肉髻)がはっきりしている。顔は丸く弾力があるが、目尻が少しつり上がっており、温和な笑顔は消えて謹厳な表情である。耳は肩まで長くて、太く短い首には3つのしわが表す「三道」がある。多少上がった肩は広く堂々として丈夫だが、胸は平板のようだ。体の形は鈍重になったようだ。厚くて大きいが、精巧な両手は膝の上にのせ、右手の先は地面に向かっていて「ハンマーチョクジイン(降魔觸地印)」と似ているの形は、石窟庵の本尊仏と似ている。しかし、仏像の左手に小さな薬壺を持っていることで薬師如来仏を表したと見られる。

カッパウィの物語

  • 新羅の時ウイヒョン僧侶が亡くなった母をせんとするために仏像を彫刻したが、夜になる学が飛んできて寒さを守ってくれて、3食の食事も、彼らが持ってきた食べ物で延命して仏像を造成したという。
  • 瓦村(ワチョン)は干ばつになると八公山冠峰(カッパウィ)に火をつけ真っ黒に燃やすと、龍が驚いて仏様を洗うために雨を降らせるという。
  • カッパウィ(陽)と佛窟寺(陰)に往くと陰陽の調和で、祈りの効力が倍増-風水地理学的にカッパウィの仏(冠峰石造如来坐像)が八公山で陽の気を抱いているのに対し、不屈寺が位置したところは八公山の陰の気を抱いている要旨で、カッパウィ仏様と石造立仏像に一日に祈ると願いが叶うという説話がある。